<   2012年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

懸賞 懸賞

赤ずきんちゃんのアンティークカード☆

懸賞 2012年 01月 31日 懸賞

最近のドイツはシベリア寒気団の影響でかなり冷え込んできました~。今日はハンブルクでもお昼にはマイナス6度でした。風が強かったので体感気温はもっと低かったです。でもお日様が出てたので気分は明るかったですけどね。058.gif

今日はとってもかわいらしいアンティークカードをご紹介します☆
b0213177_10114925.jpg

女の子の格好と表情がとってもかわいらしいんです。016.gif

上の方に、Rotkäppchen(赤ずきんちゃん)と書かれているので、この女の子の被っているベレー帽はきっと赤色だったんでしょうね♪ワインを入れたカゴを持っているので、お使いに行く格好でしょうか。056.gif

b0213177_10134264.jpg

こちらは消印から1910年4月19日にスイスのベルンからハンブルクに送られたカードだと判明しました。

グスタフさんからお母さんのドーラさんへのお誕生日カードのようです。お母さんの好きそうなカードを選んだのでしょうか。微笑ましいですね。053.gif

かわいいなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-31 10:34 | アンティークカード

キッチンのペンキ塗り~☆

懸賞 2012年 01月 29日 懸賞

昨日は用事で色々と忙しくて充実した一日でした。056.gif

b0213177_2254277.jpg

(今日の写真は、夏にエルベ川沿いを散歩した時のものです。太陽がいっぱいの夏が待ち遠しいです!058.gif

私は用事で出かけていたので、彼がお友達と一緒に新居のキッチンをペンキで塗ってくれたのですが、一度では綺麗にならなくて、どうも2度塗りをしないといけないようです。ということで、夜にもう一度ペンキを買いに行きました。「キッチン、バスルーム、廊下、2部屋」の全部の壁と天井をペンキで塗らないといけないので大変です。ペンキ代もけっこうかかりますし。ただ、ペンキを塗ること自体よりも、床や窓、暖房器具、などのペンキで汚してはいけない箇所を守るためにシートで覆うことの方に時間を取られてしまいます。

b0213177_2255589.jpg

前の住人の方は、近所に一部屋多い物件を見つけて引っ越したとのことです。そして、退去の際に、大家さんがセントラルヒーティングを最新のものに換えることを決断したそうで、その為に部屋の古い壁紙を全部剥がしたそうです。

ドイツの賃貸って、数年ごとに、居住者がが引越すなどを契機として、大家さんが改装をすることが多いらしいです。こうして改装するたびに、少し家賃を上げるんだそうです。ドイツの建物の平均築年数は大体70~80年のようですが、こうして改装を繰り返して価値を維持しているんですね。

ある知人は、「入居の際、前の住居者が置いていきたい家具一式を買い取ることが条件で、あんまり趣味も良くないものだったけど買い取った。その際にキッチン一式やソファー、棚、床に上から敷いたフローリング風の床、を買い取って、自分たちが引越しする際にも同じように次の人に安く売るつもりだったけど、急に大家さんから、改装するから全部空っぽにしてくれと言われた。ショック!」と嘆いていました。

b0213177_22562359.jpg

内装にもトレンドがあるらしいです。新居の建物は築90年ほどですが、当初はペンキ塗りの壁の一部に直接綺麗な絵をブルーで描いていたそうです。そしてその後は壁紙を貼ることがブームとなり、現在ではまたペンキ塗りの白い壁が主流だそうです。

ということで、壁紙は全て剥がされていました。私たちはペンキを塗るのみです!

ペンキ塗りも大変だけど、壁紙を自分で剥がさないといけない物件も見たことがあるので、それに比べればマシだと思ってがんばります!058.gif

ペンキ塗りがんばれの応援クリックをお願いします☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-29 23:52 | 新居のリノベーション日記

Seltmann Weiden(ゼルトマン・ヴァイデン)のデミタスカップ☆

懸賞 2012年 01月 28日 懸賞

今日は朝起きると一面雪景色でした~!今年の冬は暖冬で、もう雪は積もらないのかなと思っていたのでびっくりでした。

そして、今日の夜はBaumarkt(日本でいうとホームセンターかな)で新居のリノベーション用に色々道具を買って、新居に運びました。そして近くのスーパーに行こうと歩道を歩いていると、なんと彼と私の頭に雪の塊が直撃!005.gif「ドシッ」という感じで鈍く当たりました。

歩道の側の並木からはちょっと離れているし、木には雪が全く残っていませんでした。なので、周りのアパートから誰か投げたのかなと見上げても、人の気配が全くしません。それに暗い上に、歩いている私たちに当てるなんてかなり難しいですし。

とすると、残る可能性は、アパートの屋根が三角だから積もった雪が滑り落ちたのかな、と思ったのですが、外壁から3メートルくらいは離れています。

腑に落ちないまま、誰かに投げられたんだったら、なんかショック!と思いつつスーパーに着くと、知人カップルが買い物していました。その話をしてみると、「それは多分アパートの屋根から雪が落ちたんだよ。ここら辺のアパートはみんな7階建てだから、飛距離でけっこう飛ぶよ。そのアパートから新しい隣人への挨拶だと思うよ」と言ってくれました。そうかも、挨拶だったのかもって思うことにしました。058.gif

さてさて、前置きが長くなってしまいましたが、今日ご紹介するのはSeltmann Weiden(ゼルトマン・ヴァイデン)のかわいらしいデミタスカップです☆
b0213177_841752.jpg

薔薇の模様が可憐でかわいらしいんです。016.gif縁には金彩が施されていてエレガントです♪

b0213177_8415487.jpg

お花と比べてもとっても小さいんですよ。056.gif

バックスタンプからは1954年から1990年までに製造されたものだと判明しました。「西ドイツ製」とスタンプされてあります。こちらは蚤の市で初めて買った食器でした。私の食器集めの原点ですね。072.gif

かわいいなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-28 09:18 | 食器

100年前のカレンダー工場の販促用コレクションブック☆

懸賞 2012年 01月 27日 懸賞

今日はとってもお天気が良かったので、いつもだったら電車で一駅のところを散歩してみました。058.gif白とピンクの混ざったチューリップも購入してとっても良い気分でした。056.gif

さて、11月の記事「アンティークなカレンダー工場のコレクションブック」では1911年バージョンをご紹介しましたが、今回は1912年のものをご紹介します☆

なぜ今かというと、アンティークの定義が100年前のものということで、アンティーク記念の2012年になってからご紹介しようと思っていたからです。それにしても、1912年って日本だと、明治の終わり、大正元年なんですね~。そう考えると、かなり昔という実感が湧きますね。

今回は、1887年創業のカレンダー工場「Liebes & Teichtner」が創業25周年を迎えた「25周年記念号」です!
b0213177_5284524.jpg

ということで、前年の地味な表紙に比べると力が入っています。037.gif

中身は・・・
b0213177_5331581.jpg

前年とは違い、右側にカレンダーから切り取った絵を貼り、左側には一面の自社の宣伝文句が入っています。

要約すると、「カレンダー工場の分野では多方面から活躍が認められ、コレクションの豊富さでどんな要望にも答えることができ、値段も安く、オリジナルティー溢れるアイディアで多くの顧客を獲得し25周年を向かえることができました。1913年からもどうぞよろしく。」と書かれています。

b0213177_54347100.jpg

このページ、右側にはとっても素敵なママと赤ちゃんの絵が貼られています。053.gif

が、左にはどんなに自社が優れているかを「新作コレクション、工場、従業員、発送、倉庫業務」の観点から宣伝しています。

コントラストが面白いです。037.gif

b0213177_5461445.jpg

「なぜカレンダーは年齢に関係なく誰にでも人気なのでしょうか?答えは次のページで」と書かれてあり・・・

b0213177_5511525.jpg
056.gif
「(答え}、わが社のカレンダーは年々芸術性を高めていっており、どんな家庭の飾りにもピッタリだからです。」とのことです。037.gif

宣伝文句が力強すぎて食傷気味ではありますが、販促用に配られたものみたいなのでしょうがないですね☆

と、ロマンチックな装丁とのコントラストがなかなか面白いコレクションブックでした♪

面白いなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-27 06:43 | アンティークブック

かわいいマトリョーシカのお菓子☆

懸賞 2012年 01月 26日 懸賞

今日はとっても変わった(面白い)出来事がありました!

大学で割と大きめの教室での講義に出ていたのですが、授業ももうすぐ終わるかなという頃、突然扉が開いて、スパイダーマンのコスチュームを着た人物が走りながら入って来たんです!!そして教壇の周りを一周し、前転と側転をして颯爽と走り去っていきました!一瞬皆呆然としたものの、教室は爆笑の渦につつまれました。041.gifあれは何だったんでしょうか。。。不思議なこともあるものですね。。。

さて、今日はかわいいパッケージのお菓子のご紹介です☆
b0213177_734985.jpg

こちらはずいぶん前にベラルーシの方からいただいたお菓子です。パッケージのマトリョーシカがかわいらしいですよね~。016.gif

私の周りには何故かロシア系、東欧系の女性が多いので、ロシア料理やお菓子を食べる機会が時々あります。話しやすい、親しみやすい人が多いのが特徴ですね。053.gif

このお菓子、マトリョーシカとは特に関係なくてチョコでコーティングされたゼリーのようなお菓子がたくさん入っていました。

かわいいなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-26 07:50 | 食品

アンティークのランプシェード2つ☆

懸賞 2012年 01月 25日 懸賞

今日ご紹介するのは先日の19世紀の工場跡の蚤の市で購入したとちょこっと書いたランプシェードです☆

アマチュアさんが不用品として売っていたので、ユーゲント・シュティールのオリジナルとしてはとっても安く購入できました!024.gif新居にはバスルームしかランプが付いていないので、このランプシェードを吊り下げてみようかなと画策中です。これからランプシェードに合うコードを探さないといけません。037.gif
b0213177_455099.jpg

シンプルな緑と、かわいらしいお花の形のランプシェードです。016.gif

b0213177_4561876.jpg

こちらの緑はホーローっぽいですが、ガラス製です。シンプルで甘くないので、彼も喜んでくれそうです。(彼はインテリアには興味がほとんど無いのですが、男のプライドがあるので、ロマンチックすぎる部屋はNGなんです。なのであんまり甘くはできないのが残念。007.gif

b0213177_457376.jpg

こちらはフロストガラスのシェードです。フリルがエレガントながらもかわいいです。056.gif

やっぱりアンティークのランプシェードって雰囲気があって良いですよね。053.gif

かわいいなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-25 05:31 | アンティークランプ

美術館でのアンティークマーケット☆

懸賞 2012年 01月 24日 懸賞

昨日はお友達との中華料理の後、美術館での蚤の市に誘って行ってきました☆

こちらは蚤の市というか、アンティークマーケットが美術館の一階のフロアで開かれていたんです。蚤の市は屋外なので無料ですが、アンティークマーケットは屋内で開かれることが多いので、入場料がかかることが一般的です。今回も入場料は一人3ユーロかかりましたが、美術館の鑑賞代も込みなのでお得です。天候にも左右されないですし。058.gif

b0213177_795528.jpg

港町なので古い船がどーんと展示されてあります。その側にブースがありました。

b0213177_7115169.jpg

古い紙系のものがたくさん。

b0213177_7133112.jpg

エレガントなブースでした。

今回のアンティークマーケットは規模が小さかったので、あまり写真は撮りませんでした。ということで、少し美術館の方をご紹介しますね。

b0213177_7122115.jpg

港町なので船がテーマの展示です。大小の模型がたくさんありました。

b0213177_7191666.jpg

こちらはヴァイキング関係の展示の側のホールのような所です。船首に飾られていた海の神様?のようなものがたくさん展示されていました。迫力がありますね。005.gif

他にもハンブルク関係のものなど展示されていたのですが、一番私の興味を惹いた展示はコレでした!
b0213177_7223039.jpg

じゃーん、アンティークの食器、陶器のコレクション!北ドイツの工房の1770年頃の陶器がメインでした。016.gif

b0213177_723327.jpg

こちらは1795年の食器セットです。もう少し後の時代のものよりも大分素朴な感じですね♪

b0213177_725219.jpg

スープポットが多いのも特徴的です。スープポットの装飾って凝っているものが多いのでじっくり眺めるのも楽しいですね。

b0213177_7254917.jpg

昔のティーセットです。男の人のカップは面白いですね。037.gif

b0213177_812576.jpg

お皿の絵柄はなかなか描きこんでありますね。

b0213177_728111.jpg

こちらもティーセットです。

b0213177_729449.jpg

こちらは彩り鮮やかな食器です。

b0213177_7293294.jpg

最後にまたブルー&ホワイトのもの。

この展示を見て思ったのは、こういったヨーロッパのスープポットやプレートの原型って時代を通してあまり変わっていないんだなということです。以前ご紹介したフランスアンティークのスープポットもよく似ています。フタの持ち手が植物の形をしているのも変わっていませんね。アーティチョーク型というのが一番良く見られるそうです。056.gif

昔はこういった食器はあまり興味が無かったのですが、アンティーク好きになって色々集め出してからは視点が変わったのか、興味の範囲が広がってきて楽しみが増えました。053.gif

美術館でのアンティークマーケットもいいなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-24 08:13 | 蚤の市

旧正月のおいしい中華料理☆

懸賞 2012年 01月 23日 懸賞

今日は中国では新年を祝う旧正月でしたね。ということで、中国人のお友達に誘われて、中華料理を食べに行きました~。一月に入ってから、ロシア正教のクリスマスを祝ったり、旧正月を祝ったりのお祝い続きです。037.gif

この中華料理店はよくあるドイツ人向けの中華料理ではなくて、中国人や日本人のお客さんも多い本格派な中華料理なのが嬉しいです。久しぶりにプリプリの餃子やシュウマイなどが食べられて幸せでした~。016.gif
b0213177_4125439.jpg

まずは餃子から。エビ入りでプリプリでした♪

b0213177_5275783.jpg

そしてカリカリに焼いた香ばしい鴨料理。味付けがとてもおいしくてご飯が進みました。064.gif

b0213177_529068.jpg

そしてシュウマイ。手前はアンマンのような感じで、餡ではなく「はすの実」を餡のようにした甘いものです。とってもおいしかったー。053.gif

b0213177_5302548.jpg

この時点でも満腹だったのですが、最後にお友達が故郷のスイーツとしてどうしても食べたがった「お餅とアンマン」を足して二で割ったようなもの。もち米の中にココナッツ味の餡が入っているスイーツでした。なのでモッチモチでおいしかったですよ♪

と、おいしい中華料理が食べられて嬉しかったです056.gifテイクアウトもできるようなので、今度は餃子のテイクアウトをしてみようかな。

おいしそうだなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-23 07:13 | レストラン

ユーゲント・シュティールのコーヒーカップ☆

懸賞 2012年 01月 22日 懸賞

今日は雨でしたが、もちろん蚤の市には行ってきましたよー!朝から続く雨のせいで、お店もいつもの半分くらいだし、お客さんもポツポツとしかいませんでした。057.gif

そんな中、私は元気にお店を巡り、お目当てのものをゲットしました!058.gif現在の家は半分家具付きの物件で、収納などの家具がほとんど作りつけな上に、新居には何もないので、蚤の市でできるだけアンティークの小家具を見つけようとしているんです♪ということで、アンティークのコートフックとキッチンの飾り棚をゲットしました。飾り棚はちょっと難アリだったので何と4ユーロでした!わーい!024.gif自分でリペアできる範囲だし、壁を塗るついでにペイントをしちゃおうと考えています。

さてさて、今日ご紹介するのはJugendstil(ユーゲント・シュティール)のコーヒーカップです☆

ユーゲント・シュティールは19世紀末から20世紀初頭にドイツで流行った様式で、フランスだとアール・ヌーヴォーですね。以前はこの時代のローゼンタールの小皿をご紹介しました♪
b0213177_60158.jpg

この時代独特のエレガントなフォルムが素敵です。絵のタッチがとても繊細なのがこの時代のものらしくてかわいらしいですね。016.gif

これでホットチョコレートを飲むのも良いですね♪

こちらは蚤の市で不用品を売っていた上品な女性から購入しました。バックスタンプにメーカーの名前はなく、変わった記号のみでどのメーカーか判別不可能でした。残念。042.gif

でもその分、この時代のものにしてはお安かったし、何よりもかわいいので気に入っています。053.gif

かわいいなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-22 06:33 | 食器

新居の流し台が設置完了~☆

懸賞 2012年 01月 21日 懸賞

今日は新居のキッチンに流し台が設置される日でした☆

以前の記事
で、キッチンには全く何もないと書いたのですが、流し台だけは欲しかったら大家さんが設置してくれるとのことでお願いしていました。

今日の朝8時から職人さんが来て設置してくれるということで、私は用事があったので、彼に立ち会ってもらいました。彼によると設置には1時間半ほどかかったものの、無事完了し、水もやっと出るようになったそうです!024.gifということで、これから少しずつペンキを塗っていく作業ができます♪

b0213177_641383.jpg

(今日の写真は現在の家から見える風景です。テレビ塔もミヒャエル大聖堂も小さいながらも見えます。移動遊園地「DOM」の花火も見えて、最高の眺めです。016.gif引越しは新しい生活への第一歩ですが、こんなに眺めの良い景色が引っ越したら見えなくなるのがとっても残念です。007.gif

さて、流し台が出来たということで、これからはこの流し台に合うキッチン設備を購入しないといけません。キッチンは本当にピンキリみたいで、どれにしようか頭を悩ましています。

彼の従兄弟がブレーメンからハンブルクに引っ越して来た時は、オークションサイトで中古のキッチンを70ユーロで落札し、そのキッチンを実家のワゴン車でブレーメンからハンブルクに運んで来て、兄弟、従兄弟を総動員して組み立てたそうです。005.gifドイツ人はDIYが得意な人が多いので、こんなパターンも珍しくありません。

かといえば、現在の建物のハウスマイスター(管理人さん兼職人さん)とその話をしていて、「キッチンはとりあえずイケアにしようかと考えている」と話すと、「イケアは安いけど素人が組み立てるのは大変。規格がドイツの規格と100%合うわけじゃないので、色々といじらないといけなくて、結局は人に頼んで高くつく。それならちゃんとした専門の所で良いキッチンを買って組み立ててもらった方が良い」とのアドバイスでした。

その事を知人に話すと、「一生もの、という訳じゃなかったら、イケアも値段的に十分満足できる。ちょっといじらないといけなかったけど、自分で組み立てたよ」とのことでした。この方はDIYが得意な人でした。

私と彼はあまりDIYの経験がないし、ちゃんと職人さんに頼んだ方がストレスが少なくて良い気もしますが、やっぱり安く抑えられるなら抑えたいですし。うーん、葛藤ですね。042.gif

ドイツでは引越しも、レンタカーで引越し用の大きめの車を借りて、家族や友達を総動員して自力で行う人が多いです。何でも自分達でしてしまう所は頼もしいですね。058.gif

(新しく「新居のリノベーション日記」のカテゴリーを作ったので、これから新居関連の記事はそちらに分類しますね。)

リノベーションがんばれの応援クリックをお願いします☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-01-21 07:10 | 新居のリノベーション日記