カテゴリ:新婚旅行ー北イタリア( 10 )

懸賞 懸賞

ホテルのガラ・ディナー☆

懸賞 2012年 09月 03日 懸賞

さて、ヴェネツィアを観光し、夕方5時ごろに早めの夕食を運河沿いのレストランで食べ、歩いてサン・ルチア駅まで帰ることに。アバノ温泉へ帰る列車は1時間おきにしかないし、もう疲れたのもあって早めに帰ることへ。ゆっくりとお店を見ながら、駅前へ向かいました。056.gif

b0213177_5302750.jpg

駅前の写真をパチリ♪バイバイ、ヴェネツィア~~。

そして19時15分ごろにはアバノ温泉の隣のモンテグロット温泉駅に到着。本数の少ないバスを逃したので結局タクシーを拾ってホテルまで帰りました。で、このタクシーの運転手さんがドイツ語が達者でお話好き。ホテルに着いてからも、車の中で結構長くお話が続きました。(次の日、病院からホテルに帰る時に呼んでもらったタクシーで再会。免疫力を高めるにはヨガが一番などと、アドバイスをくださいました。037.gif

そして、お金を払ってホテルのレセプションを通ると、レセプションにいたオーナーさんから「急いで!今日はガラ・ディナーの日だよ。20時まではバーでピアノコンサート&ゼクトで乾杯。その後はガラ・ディナー。20時まではあと5分だから急いで!」と言われてびっくり。005.gif

ガラディナーってある程度のクラスのヨーロッパのリゾートホテルではあるそうですが、大晦日などの特別な日だけかと思っていました。温泉リゾートのホテルということで、ドレスコードは厳しくないので良かった~。042.gif

せっかくの経験だし、荷物だけ部屋に置いて、バーに飛んできました♪
b0213177_605433.jpg

ピアノ演奏が流れていて優雅な感じ。ゼクトをいただき、カメラマンさんに写真も撮っていただきました。(次の日に、この時の写真が一枚4ユーロで売られていました。せっかくの新婚旅行なので記念に購入しましたよ。016.gif

b0213177_5334770.jpg

皆さん、ゼクトを飲みながら演奏を聴いています。

b0213177_5322740.jpg

ピアノ演奏が拍手で終わり・・・

b0213177_5365259.jpg

ガラ・ディナーが開始。キャンドルが灯されて、いつもよりもロマンティックな雰囲気に。053.gif

私たちはヴェネツィアで早めの夕食のパスタを食べていたものの、ここはせっかくなので覚悟を決めて、もう一度夕食をとることを決意!!037.gif

b0213177_538527.jpg

前菜はメロンのポートワインがけ。

変わったデコレーションで葉っぱがついていましたが、お味は甘くて美味でした~♪

b0213177_5404284.jpg

第一皿はズッキーニとホタテガイのリゾット。

2度目の夕食でリゾットはきついかな~と思っていたのですが、かなり少量であっさりした味だったのでペロリとすぐに平らげました。037.gif

b0213177_5413150.jpg

第二皿はウォッカのソルべ。

あっさりとしたレモン味のソルベという感じで、おいしかった~。

b0213177_5435074.jpg

そして料理長が登場し、拍手喝采でメインの子牛のパイ生地包みを取り分けパフォーマンス。

b0213177_5455677.jpg

こちらがメインの子牛のパイ生地包み。

パイ生地とのコンビネーションが絶妙♪

b0213177_547847.jpg

最後のデザートは、チョコレート・トリュフ・アイスでした。

チョコレート・トリュフがそのままアイスになったという感じでかなり濃厚なお味でした。

何よりも、最後のデザート以外、いつものフルコースよりはかなりあっさりと少量だったので、2度目の夕食も完食できました。024.gif

何よりも雰囲気が素敵で、とっても良い思い出になりました~。なので、この次の日に足が腫れて、結局最後の3日間はお部屋で療養する羽目になっても、「この新婚旅行に悔いは無し」と思えました。058.gif

ホテルから出られなくても、近所のアクセサリーショップが展示販売をロビーでしていたのを眺めたりできたんですよ~。
b0213177_652710.jpg

かわいいブレスレットが安かったので、夫に買ってもらいました♪ショップの人からいただいたバラと一緒に記念写真。053.gif

と、思い出に残る新婚旅行になったのでした。

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-09-03 07:22 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(0)

ヴェネツィアのお店☆

懸賞 2012年 09月 02日 懸賞

今日はヴェネツィアのお店をご紹介します☆

b0213177_1151149.jpg

こちらはヴェネツィアン・グラスのお店。アクセサリー系が充実していました。

b0213177_1164261.jpg

アンティークのお店にもアクセサリーがたくさん♪

b0213177_1184237.jpg

こちらはヴェネツィア名物、カーニバルの仮面のお土産物屋さん。仮面はお土産にしても、ディスプレイが難しそうだし、夜見ると怖そうなので買いませんでした。042.gif

b0213177_120329.jpg

こちらは専門店。キラキラと華やかですね~。

b0213177_135487.jpg

観光客向けに仮面&ドレスを着ての写真撮影サービスも。50ユーロくらいだったかな~。それにしてもこういったお店を見ていると、カーニバルの時期に来ても楽しそうだな~と感じました。058.gif

b0213177_1223138.jpg

こちらはリアルト橋の上のヴェネツィアン・グラスの専門店。綺麗なガラスがいっぱいで目の保養になりました。このグラスのセット、かわいいし綺麗~016.gif

ホテルの人によると、ヴェネツィアン・グラスは周辺の街で買うよりも、ヴェネツィア、それも本場のムラノ島で買う方が安いんだとか。私はヴェネツィアン・グラスの鏡が好きなので値段をチェックしていたのですが、一番高かったのは、空港の免税店でした。彼からプレゼントしてもらった小さな鏡が約3倍弱の値段で売られていてビックリ!005.gif

b0213177_1244547.jpg

こちらもかわいかった、ガラス製の金魚シリーズ。053.gif

b0213177_1281260.jpg

こちらの路地のレストランで目をひいたのは・・・

b0213177_1292023.jpg

パスタの窓飾り。レストランらしくて面白い。056.gif

おまけに・・・
b0213177_130222.jpg

お土産物屋さんの店先でモップのように寝ていた犬。床が冷たくて気持ちいいんでしょうね。かわいい~と道行く観光客に写真を撮られていました。037.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-09-02 02:25 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(2)

運河沿いのレストラン☆

懸賞 2012年 08月 31日 懸賞

ヴェネツィアの風情ある路地の魅力にすっかりはまって、わくわくしながら歩き回りました058.gif。有名観光スポットも訪れないとと地図を見ながら、路地から出て・・・

b0213177_503398.jpg

この通りを出ると・・・

b0213177_521036.jpg

一番大きな運河、カナル・グランデに到着!

b0213177_512081.jpg

この建物、素敵~♪

b0213177_545048.jpg

ここから見えるのはリアルト橋。橋の上にはショップがたくさんあり、観光客であふれ返っていました。写真左下の女性もポーズを決めて写真撮影。037.gif私たちも橋の上で、家族連れの方に写真を撮ってもらいました。

b0213177_561178.jpg

橋からはカナル・グランデの景色が♪

b0213177_572425.jpg

この写真右の上の方に見えるレストランで早い夕食をとりました。064.gif

それにしても、こういった観光地ってレストランは星の数ほどあるので、どこで食べるか考えるのが難しいですよね~。

お昼は安い食堂を見つけて食べたのですが、やっぱりちゃんとしたレストランで食事もしたい!とのことで、評判の良いおいしそうなレストランをあらかじめ見つけていました。ただ、このリアルト橋の側にも観光客向けのレストランがいっぱいあって目移りしちゃいました。

観光客の呼び込みをしているレストランって、お味の方はどうかな~なんて思いつつも、このヴェネツィアならではの景色の元で食べられるのが魅力!結局、おいしいイタリアンは他でも食べられるかもしれないけど、この景色はここしかないからと、運河の側のテラス席のあるレストランに決めました。056.gif

b0213177_5102419.jpg

ゴンドラ用の桟橋のすぐ側の席。ヴェネツィア~って感じで観光気分もマックスに。037.gif

b0213177_5133993.jpg

ワインじゃなくてビールで乾杯。068.gifあんまり暑くてワインの気分にはなりませんでした。。。042.gif

b0213177_5143644.jpg

私はスパゲティー・ボンゴレ、彼はカルボナーラを注文。

味はまあまあおいしくて、値段は観光客価格でしたが、この景色の元で食べられたので大・大満足♪

ちなみに、このレストランからは・・・
b0213177_517241.jpg

サイレンを鳴らして水上を疾走する警察船や・・・

b0213177_5155464.jpg

救急車ならぬ救急船が見えました。この救急船が通ると波が立ち、私の足元まで来て危うく水がかかるところでした。042.gif

ヴェネツィアには車が無いので、船が車代わりなんだな~と実感したできごとでした。

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-31 06:05 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(2)

絶景&絵になる風景☆

懸賞 2012年 08月 30日 懸賞

サン・マルコの鐘楼を上ると・・・

b0213177_4584347.jpg

絶景が!!わーと歓声を上げてしまいました。037.gif

b0213177_501887.jpg

港には船がいっぱい♪

b0213177_51224.jpg


b0213177_521038.jpg

大きなクルーズ船も停泊していました。

b0213177_545386.jpg


b0213177_55493.jpg

島々を船が行き来しています。ヴェネチアでは船が足代わりです。

b0213177_574536.jpg

写真奥には墓地の島、サン・ミケレ島と、さらに奥にはあのガラス製品で有名なムラノ島が見えます。ムラノ島、ぜひ行きたかったのですが、残念ながら時間がなくて行けずじまい。次回は絶対に訪れたいです。016.gif

b0213177_592474.jpg

サン・マルコ広場から港に戻って、そばのバリア橋をぱちり。この橋からは・・・

b0213177_5103068.jpg

港から運河に入っていくゴンドラや、

b0213177_5113268.jpg

あの有名な「ため息橋」が見えました。

そして路地に入って行き、ヴェネツィアの風景を堪能したのでした。053.gifたくさん写真をアップしますので、ヴェネツィアの町をブラブラしているように楽しんでくださいね♪
b0213177_5135869.jpg


b0213177_515174.jpg


b0213177_516928.jpg


b0213177_5171667.jpg


b0213177_5194415.jpg


b0213177_5204541.jpg


b0213177_521597.jpg


b0213177_5232698.jpg


b0213177_5243614.jpg


b0213177_5445194.jpg


今回のヴェネツィア観光で楽しみにしていたのは、路地や運河の風景!ヴェネツィアで写真を撮ると、どんなショットも絵になる~と実感。053.gif独特のブルーグリーンの水の色も綺麗でした♪

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-30 05:50 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(2)

ヴェネツィアの街☆

懸賞 2012年 08月 28日 懸賞

今日から私たちの新婚旅行のハイライト、ヴェネツィア旅行をご紹介します☆

ヴェネツィアへはアバノ温泉の隣町から電車一本で行けました。行きは鈍行だったので1時間かかりましたが、帰りは快速だったので30分ほどで到着。イタリアの電車は時刻表通りで、快適でしたよ~。058.gif

ヴェネツィアのサン・ルチア駅は最終駅。
b0213177_5195693.jpg

電車が陸から海の上を走っていくと気分はとっても盛り上がりました~。ヴェネツィア空港へ向かう飛行機も見えますね。

b0213177_521915.jpg

ヴェネツィアの街!

電車を降りて駅から降りると・・・
b0213177_5221199.jpg

わー、ヴェネツィア!駅の前の水上バス乗り場でチケットを買って、水上バスで島の反対側にあるサン・マルコ広場へ向かいました。

b0213177_524764.jpg

水上バスは大混雑。35度くらいで冷房が無いのでかなりの暑さでしたよ~。042.gif

リアルト橋駅でたくさんの人が降りたので窓際をゲット。景色に感動しつつたくさんの写真を撮りました。カナル・グランデの景色をゆっくりとご覧くださいね♪
b0213177_5254681.jpg


b0213177_5275490.jpg


b0213177_529953.jpg


b0213177_530425.jpg


b0213177_532147.jpg


b0213177_5351279.jpg


b0213177_5331687.jpg


b0213177_537449.jpg


b0213177_5383075.jpg


b0213177_5405755.jpg

景色に見とれていると、有名な建物が近づいてきました~。ドゥカーレ宮殿ですね♪

b0213177_5432026.jpg

目的地のサン・マルコ駅に到着です。

b0213177_5444226.jpg

広場に向かって歩いていきます。ワクワク。それにしても暑~い。

b0213177_546356.jpg

10時過ぎのサン・マルコ広場は世界中からの観光客で賑わっていました。ただ、このカフェはさすがに炎天下なので人気がなさげ。それに、このカフェは値段も高い上に、座っただけでチャージ料金がつくから要注意と周りの人から聞いていたので近づきませんでした。映画とかだと、ココに座っているシーンが素敵ですけどね。042.gif

b0213177_549134.jpg

サン・マルコ広場に面してカフェの他にショップもたくさん。アーケードの日陰で一休みして記念写真をパチリ♪

b0213177_5505570.jpg

こちらはサン・マルコ寺院。入場のための列はとても長く、一日観光で時間もそんなに無いので諦めました。それにしても見事な建物です。053.gif

b0213177_552636.jpg

写真右のサン・マルコの鐘楼からは絶景が見れるらしく、こちらに並びました。サン・マルコ寺院の列よりは大分短くて、待ち時間は30分くらいですみました。

b0213177_5524994.jpg

待っている間、後ろに並んでいたカップルに夫と二人の記念写真を撮っていただきました。016.gif

それにしても、さすが有名観光地!本当に世界中からの観光客で溢れ返っているので、その雰囲気にもワクワク。私たちの後ろのカップルはフランス語、その後ろの家族は日本語、その後ろのカップルはイタリア語を話していて、イギリス英語の女性に話しかけられたりとインターナショナル。欧米人や日本人や中国人、インド人の団体さんもたくさん。パリのエッフェル塔の列で待っている時と同じような感覚でした。058.gif

次回に続きます♪

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-28 06:47 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(0)

金庫はどこ?☆

懸賞 2012年 08月 27日 懸賞

今回のホテル、親しみやすいスタッフばかりで良かったのですが、お部屋のインテリアも素敵でした☆

そのインテリアの中でも一番記憶に残ったのが金庫、もといセーフティーボックスでした。005.gif

この写真の中にセーフティーボックスがあります。どこにあるか分かりますでしょうか?
b0213177_5134957.jpg


私たちはチェックインの際にセーフティーボックスの鍵をもらっていたのですが、そのボックス自体が見つからなくて探し回りました。042.gifフロントに聞きに行って教えてもらったのですが、びっくり!

答えは・・・
b0213177_5145261.jpg

この絵。

b0213177_5161455.jpg

じゃーん!まさかの隠し場所。探偵気分ですね。037.gif

何だかテレビや映画の世界みたい。061.gif面白~い♪

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-27 05:29 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(2)

ホテル「Hotel Quisisana Terme」☆

懸賞 2012年 08月 26日 懸賞

今日ご紹介するのはアバノ温泉で滞在した4つ星ホテル「Hotel Quisisana Terme」です☆

リゾート地では観光よりもホテルに滞在することに重きを置くのでホテル選びにはこだわりました。

ただ、本当はイタリアのビーチリゾートが良かったのですが、ビーチは人気でやっぱりお高いんですよね~。良いかな~と思った所でも、飛行機の乗り継ぎも多くて、ホテルに着くまでに疲れてしまいそうだったり。ドイツ人に人気のスペインやチュニジア、トルコやマルタ島のビーチリゾートはお手ごろ価格で、同じ条件でそれこそ半額のものもあったりしましたが、イタリアにこだわると高めでどうしようと悩んでいたところ、このホテルを見つけました!024.gif

3食付で値段もお手頃で、ヴェネツィアにも行けるし、温泉リゾートも悪くないなと。何よりもこのホテル、口コミサイトの評価がかなり高かったんです。清潔&スタッフが親切&食事がおいしいとのこと。実際に訪れてみるとその通りでした。058.gif

b0213177_2414887.jpg

こちらがホテルの外観。南国っぽい♪

b0213177_2431861.jpg

ロビーは重厚感がありました。受付には英語やドイツ語が堪能なスタッフが複数。しかもホテルのオーナーが自ら受付をしていて、この方がとっても親切で感じが良かったです。パドヴァやヴェネツィアに行きたいというと、ホテルからの行き方をバスと電車の時刻表&市内地図を下さって説明してくれ、お勧めルートもマーカーで記してくれました。016.gif

b0213177_2435686.jpg

こちらはバー。バーにはテラスもあるので、夜はテラスで涼みながらライブ音楽とお喋りを楽しんでいるゲストが多かったです。

b0213177_2444812.jpg

こちらはホテルの温泉プール。もちろん、室内プールもありましたよ。こちらの温泉は源泉を水で冷やしてプールのように入るのが主流だそう。なので普通のプールのように「泳ぐ」のではなく、「浮かぶ」感じで入っている人が多かったです。プールサイドで日光浴している人も多数。夫も日光浴に励んで?いました。058.gif

他にも泥パックやオイル・マッサージのコースも充実していました。泥パック療法が有名だからか、マッサージ棟の一階10室ほど全部泥パック用の部屋でした。しかも、ハウス・ドクターが午前中に無料で診療してくれるというサービスも。038.gif

私の足が腫れて受付に相談した時は、残念ながらハウス・ドクターの診療時間を過ぎてしまっていて、病院に行って計6時間も待つ羽目になってしまいましたが、次の日に念の為にハウス・ドクターを訪れてみるとすぐに診察してくれました。060.gif

そして、一番の楽しみだった食事も大満足でした。064.gif
b0213177_2462521.jpg

朝食は7時半から10時半まで。バイキングスタイルでかなり自由で、バスローブ姿の人も見かけました。ふんわりスクランブル・エッグがおいしかった~。テラス席もあって、爽やかでした♪

b0213177_2472179.jpg

昼食は12時半から13時半まで、夕食は19時半から20時45分までと決まっていました。また、男性は長ズボンではないといけないというドレスコードがあり、特に夕食には気合を入れて着飾っている女性も多かったです。

夫は「シャツとダークなジーンズを持って来ていて良かった~」と実感していました。037.gifドレスコードのチェックは要注意ですね。でも、着飾って夕食に行くのもヨーロッパの保養地らしくて?楽しめました。058.gif

席には部屋番号が置かれていて、お決まりの席で昼も夜も食べるので、お隣の人とは自然と顔見知りになるのが楽しかったです。060.gif

食事はフルコースなので前菜以外は全部、給仕さんがサービスしてくれ、担当の給仕さんとも顔見知りになります。給仕さんは5・60代のベテラン男性がほとんどで、かなりレベルが高かったです。

料理もおいしかったのですが、イタリア料理のフルコースを全部食べるとかなりのボリュームです。こちらのホテルでも毎食
・前菜(アンティパスティ)
・一皿目・・・スープやパスタやリゾット
・二皿目・・・肉や魚のメイン
・チーズの盛り合わせ
・デザート
とボリューミー。最初は自分で調節できず、食べすぎちゃいました。042.gif

毎回のメニューはイタリア語、ドイツ語、フランス語、英語の4ヶ国語であるので、ちゃんと内容も選べて良かったです。

滞在型のリゾート・ホテルでは、他のゲストとも顔見知りになって言葉を交わせるのが良いですね。私も足を負傷してから、色々な人に心配して声をかけていただいて元気づけられました。016.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-26 05:44 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(2)

北イタリアのアバノ温泉☆

懸賞 2012年 08月 25日 懸賞

今朝ドイツに無事帰国しました~☆

右足の腫れも大分良くなってきて、今日は大分歩けるようになっていたので、空港や駅の移動や待ち時間も大丈夫でした。058.gif昨日はやっと散歩できるかな~というくらいだったので、昨日が帰国だったら相当辛かったかも。患部に重力がかかると痛みがやってくるので、普通に座るのもしんどい状態だったんです。042.gifでも負傷後、4日目の帰国だったのが不幸中の幸いでした。072.gif

さてさて、今日は私たちの滞在した北イタリアの温泉リゾート「Abano Terme(アバノ温泉)」をご紹介します☆

b0213177_771799.jpg

(こちらはアバノ温泉の町のドゥオモ。こじんまりとしています。)

アバノ温泉はヴェネツィアの西50キロに位置し、ヴェネチア空港からホテルまではシャトルで45分くらいかかります。アバノ温泉一帯はローマ帝国時代からも温泉地として有名で、現在は1万9000人の人口に対しホテルが120軒もあるという一大温泉リゾートです。ちなみに日本の伊香保温泉と姉妹都市だそう。058.gif

火山性の温泉で、リウマチに効くらしく、お客さんの年齢層はかなり高めです。引退後の悠々自適な年配カップルや家族連れが多く、若いカップルはほとんど見かけませんでした。また、泥パック療法ではヨーロッパでも有名な温泉地だそうでかなりのコースがあり、そのためか、一人で療養に専念しに来ている年配ゲストも結構見かけました。

b0213177_78856.jpg

(こんな感じの邸宅もイタリアっぽい♪)

お客さんはイタリア人がメイン、その次に多いのがドイツ人です。フランス人ゲストもちらほら。ただ、ドイツ人が来るのは3月から6月だそう。私たちが訪れた時にはイタリア人ゲストがほとんどでした。

b0213177_7103352.jpg

町の所々のポイントにあるのは体重計!コインを入れて体重を量るんだそう。さすが温泉療養地ですね。038.gif

町中のホテルが集まる通りにはリゾート客用にたくさんのお店があります。イタリアらしいなと思ったのは、暑い昼間よりも夜の方が人通りが多く、賑わっているところ!なのでブティックやヴェネチアン・グラスのお店、みやげ物屋などの個人商店も夜の11時くらいまで開いています。お店によっては午前中営業し、その後シエスタで6時間くらい休憩し、夜に再開するところもあります。072.gif
b0213177_7114612.jpg

夜の9時すぎでこの賑わい。お店は高級店からキッチュなお店まで様々。

b0213177_7125679.jpg

人通りも夜の9時から12時くらいがピークな感じで、夜店なのようなのもたくさん。夕食後、9時ごろからブラブラと散歩に出かけるのが一般的らしく、それ目当てにお土産用の絵画なんかも通りで売られていました。

b0213177_713419.jpg

リゾート地につきものの観光列車。家族連れがたくさん乗っていました。小さな子供たちもとっても夜更かしで、彼もびっくりしていました。国によって、本当にライフスタイルが違いますね~。005.gif

b0213177_7143264.jpg

突き当たりにあるホテルのバーでは、路上でダンスコーナーを提供。どのホテルからも何かしら音楽が流れてきて、リゾート気分が盛り上がりました。016.gif

b0213177_7151161.jpg

こちらのバーではカラオケも。さすがに人前で歌うのは自信がある人だからか、この写真の男性の歌声はプロのように素晴らしく、拍手喝采でした。

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-25 08:05 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(2)

イタリアで病院に☆

懸賞 2012年 08月 23日 懸賞

一昨日はヴェネツィアを訪れてその風景に感激!とっても充実した一日になったのですが、昨日は右足が赤く腫れて歩けないほど痛み、病院に行くはめになりました。。。007.gif

新しく買ったサンダルで靴擦れし、その上からバンドエイドをして履き慣れたサンダルでヴェネツィアを一日中歩き回っていました。イタリアの連日の猛暑での観光で、免疫力が低下していて傷口から入ってきたバイ菌に負けたのかな~と推測。この足の腫れは日本の真夏にも一度経験したことがあるので、すぐにピンときて病院にタクシーで向かいました。042.gif

b0213177_21572734.jpg

(ホテルの部屋はこんな感じ。シンプルながらアンティーク調の家具がとってもかわいいんです。016.gif

小さな町の小さな病院にシーズン中は大勢のリゾート客が訪れるため、待合室で待つこと結局5時間。。。私の症状が他の患者よりも軽いからだそうですが、それでも5時間待ちって。待っている間、新婚旅行なのに~と痛くて悲しくて泣いちゃいました。007.gif

足の腫れのせいで骨折も疑われたのでレントゲンを撮ってもらい、さらに1時間待たされて、抗生物質などの処方箋をもらいました。傷口にばい菌が入っただけなので、薬を飲んで足を冷やして安静にしていれば、2・3日で治るそうです。良かった~♪

b0213177_22152373.jpg

(こんなクローゼットが欲しい~☆)

ほとんどの患者さんや病院のスタッフはイタリア語のみでどうなるかと思いましたが、受付・医師・居合わせた患者さんでドイツ語ができる人一人ずついたおかげで何とか意思疎通ができました。英語よりもドイツ語やフランス語(夫はフランス語好き)が通じたりするのにビックリ!持って行ったイタリア語のポケット辞書にも助けられました♪

ドイツの保険カードはEUのおかげでイタリアでも有効だし、今回の旅用に新たにカバー範囲の広い旅行保険に入っていたので安心でした。やっぱりイザという時の保険って大事ですね~。058.gif

b0213177_22244929.jpg

ということで、予定していたヴェローナ観光は中止!暑さは患部に悪いということで、冷房の効いたホテルの部屋でゆっくり安静にします。私好みにかわいい部屋なので、お部屋にこもるのも苦じゃないのが幸いです。053.gif

また、温泉リゾートなので温水のプールがあって、夫もプールで泳いだり、日光浴したりできますし、私は浮いた観光用のお金で肩こりのマッサージをしてもらうことに。

ちなみに、夫は「温泉療養地に元気いっぱいに来て、足を痛めて療養って本末転倒だね。でも私らしくて良いけど。」とのこと。037.gif病院で付きっきりで励ましてくれたり、歩きづらい私のために奔走してくれたり、処方してもらった薬3種類分の説明書も念を入れて全部グーグルで翻訳して確認してくれました。おまけに、欲しがっていたホテル近くのヴェネツィアン・グラスのお店のかわいい鏡もサプライズでプレゼントしてくれたんですよ~。この人と結婚して良かった~と実感。感謝感謝です。035.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-23 00:52 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(0)

Padova(パドヴァ)の街☆

懸賞 2012年 08月 19日 懸賞

昨日はPadova(パドヴァ)という近隣の街を観光してきました☆

この街はヴェネツィアの40Km西に位置している歴史ある街で、現在でも中世の建物が数多く残っています。1222年創立の大学があり、学生街としても有名だそう。

この街を観光する予定は無かったのですが、ヴェネツィア空港からホテルまでのシャトルの運転手さんが「とっても素敵な町だから!」とお勧めしてくれたので、それならと行ってみることに。

私たちの滞在している温泉リゾートの町からはバスで20分で着きました。056.gif
b0213177_1840659.jpg

こちらはラジオーネ宮殿の前の広場。当たり前ですが、建物がイタリアっぽい!のに感動。016.gif

b0213177_1843948.jpg

こちらがラジオーネ宮殿。13世紀の初頭に完成した建物で、壁のフレスコ画が圧巻!

b0213177_18501759.jpg

回廊の天井の装飾も綺麗。

b0213177_18531434.jpg

中庭も素敵!ちなみに34度くらいの猛暑なのですが、回廊だけは風が通り過ぎて気持ちいいんですよ。058.gif昔の人はちゃんと考えて設計していたんですね~。

b0213177_18562938.jpg

こちらが1222年創立のパドヴァ大学。この大学ではあの地動説で有名なガリレオ・ガリレイが1592年から1610年までの18年間、幾何学、数学、天文学を教えたそうです。残念ながら内部見学ガイドは午前中だけだったので、写真だけパチリ♪

b0213177_18585869.jpg

大学の側では大道芸人さんのショーが。

b0213177_1942347.jpg

近くのカフェで休憩。クーラーが効いていてホッとしました。それにしてもイタリアっぽい風景が眺められる良い眺めの席でした。053.gif

b0213177_19898.jpg

さて、カフェでお昼ご飯を食べたあと、観光を再開しようとしたのですが、何とシエスタが始まっていました!13時半から15時もしくは16時まではお店が閉まっているんです。。。普通のショップのみならず、レストランやカフェ、目的地の美術館や教会まで閉まっていて、この暑い中、二人で呆然と涼める場所を求めて彷徨いました。ホント、街の中はシーンとしていました。007.gif

何とか開いているカフェを見つけて休憩。042.gif

湿気こそ無いものの、日本の真夏のような暑さなので、涼める場所がないと観光客にはツライです。

b0213177_191157.jpg

教会が綺麗♪

b0213177_2292662.jpg

こちらのドゥオモの隣の小さな礼拝堂のフレスコ画は圧巻だったんですよ~。写真禁止だったのが残念。

b0213177_22123593.jpg

こちらもイタリアらしい通りとカフェ。観光客の多い通りの前などは、シエスタ中も開いているカフェがありました。

b0213177_22152787.jpg

バルコニーに飾られているお花が綺麗~。056.gif

b0213177_1915066.jpg

サンタントーニオ・ダ・パードヴァ聖堂です。丸い天井が連なっていているデザインがかっこいい!

と、かなり充実の観光でした。一日で見て回れる規模なので、ヴェネツィア観光のついでに訪れるのもおススメです。060.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-08-19 23:04 | 新婚旅行ー北イタリア | Comments(0)