カテゴリ:本( 7 )

懸賞 懸賞

かわいいベビーグッズの裁縫ブック☆

懸賞 2015年 01月 16日 懸賞

今日はIKEAで買ったカーテンの裾上げをしました~☆

大きな窓なので、140cm幅のカーテンを3枚分。床に広げて印をつけ、IKEAの裾上げ便利テープをアイロンでかけていく作業。床に立ったり座ったりという作業が辛かったけれど、夫と協力して何とか裾上げに成功しました!余った布は、クッションの生地にしてもいいな~。024.gif

夜は夫の研究室時代の同僚がデュッセルドルフに出張中ということで、日本食屋さんへ。コンサルで働いていて、ここ半年くらい、平日はデュッセルドルフでホテル住まいだそう。なので、人気の日本食屋さんを教えてくれました。美味しかった~。038.gif

私の近況報告だけでは何なので、最近買ったベビー用品の手芸本「ママ、ベビー、裁縫ブック」をご紹介☆
b0213177_8211589.jpg

表紙のかわいさに惹かれて。053.gif

b0213177_823311.jpg

裁縫初心者向けなので、難しくなさそうなのがグッド。037.gif

b0213177_8242912.jpg

かわいい雲と雨のモビール。これは絶対作ってみたいな~。016.gif

b0213177_8275117.jpg

型がシンプルなので、手縫いでも大丈夫そう。

シンプルな型でも、模様が素敵な布を使えばかわいくなると学びました。慣れてきたら、自分で型を作って応用してもいいですよね♪

新居の片づけが一段落ついたら、裁縫も始めてみたいな~。058.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2015-01-16 08:51 | | Comments(0)

かわいいティーカップとティータイムの本☆

懸賞 2014年 11月 30日 懸賞

前回記事のショップでお買い上げしたのは、ティータイムの本とティーセット☆

b0213177_7155774.jpg

英国アンティークのディーラーさんの本。彼女の写真やコレクションの雰囲気が好きなので、気になっていたんです。レシピはもちろん、英国のティールームの紹介や、ドイツ国内の都市での本格アフターヌーンティーが楽しめるティールームの紹介がされています。053.gif

彼女の集めるアンティークのティーセットはかわいらしい色合いが素敵。日本人好みの可憐な英国アンティークのティーセットって、ドイツではほとんど見かけないので、後悔しないように最後に決心しました。引越し前の最後の食器の購入です。新居では、大きなカップボードを買って、綺麗にティーセットを並べたいな~、と夢見ています。037.gif

妊娠してから紅茶やコーヒーはもっぱらノンカフェインのものですが、それにしても最近はノンアルコールのゼクトやワインなど、何でもあるんですね~。昨日は夫の地元の友人の誕生日パーティーにお呼ばれしたのですが、ノンアルコールのゼクトも用意されていて、喜んで頂きました。069.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2014-11-30 20:29 | | Comments(0)

素敵なお花の飾り方の本「Wohnen mit Blumen」☆

懸賞 2014年 05月 05日 懸賞

今日ご紹介するのは、素敵なお花の飾り方の本「Wohnen mit Blumen」です☆

b0213177_2114817.jpg

カナダ出身のHolly BeckerさんとLeslie Shewringさんの共著の本のドイツ語版で、お二人ともフローリストではなくインテリアのプロ。しっかりとしたお花のアレンジメントというよりも、「低予算でお花を素敵にインテリアに取り入れる」というのがメインの本です。056.gif

日本のアマゾンでも洋書として英語版が販売されているので「Decorate with Flowers」で検索してくださいね。目で楽しめる本です♪

b0213177_2305621.jpg

最初にアレンジメントの基本も。ラナンキュスなどの主役のお花に、脇役の小花。それにコントラストとなる色の強めのお花を足していって・・・。写真で説明してくれているので、とっても分かりやすくて私のような初心者にピッタリ。

こちらのカフェなんかで、2・3種類のお花を小さな花瓶に生けてあるのがさりげなくて素敵で、「私も組み合わせ方をちょっと習いたいかも。」と思っていたので、この本を見つけて嬉しかったです。058.gif

b0213177_2144992.jpg

カラフルなデコレーションの例。かわいい。053.gif

b0213177_2171420.jpg

こちらはジャムの空き瓶にメッセージカードを付けたデコレーションの例。素朴だけれども素敵。これだったら真似できそうですよね。038.gif

b0213177_2182067.jpg

一種類の主役のお花、贅沢にたくさん飾る例。さすがインテリア・スタイリストの方だけあって、お部屋もとっても素敵。053.gif

b0213177_2193087.jpg

シンプルなテラコッタの鉢をかわいくデコレーションする例。この他には、空き瓶をカラフルにする例もあって、眺めていて楽しいです。016.gif

b0213177_2204213.jpg

少量のお花を小分けにたくさん飾る例。カラフルなインテリアもいいな~♪

b0213177_22222.jpg

大きなジャム瓶やガラス瓶に、道端や庭に咲いている植物やお花を飾る例。高いお花を買わなくても、素朴でかっこいい感じ。これだったら、ホント、誰でも取り入れられますよね。私もさっそく真似しています。037.gif

と、ご紹介したのはホンの一部ですが、見ているだけで元気になる本でおススメです。お花は元気の源ですね。058.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2014-05-05 03:19 | | Comments(2)

素敵なレシピ本「The Little Paris Kitchen」☆

懸賞 2013年 01月 29日 懸賞

今日ご紹介するのはとっても素敵なフレンチのレシピ本「The Little Paris Kitchen」です☆

先日の餃子パーティーでは、お友達がこの本からデザートを作ってくれました。そして、本を薦めてくれたのですが、これがとってもおしゃれでかわいらしい!!016.gifレシピも簡単でおいしいということで、私も欲しくなって買っちゃいました~!024.gif
b0213177_7344220.jpg

こんな感じ。かわいい~。053.gif本屋さんでは英語のオリジナルとドイツ語訳バージョンがあったので、迷った末にドイツ語版を買いました。ドイツ語タイトルは「Paris in meiner Küche」で、ドイツ語版の方がドイツ在住だと食材をいちいちドイツ語に訳す手間が省けて便利です♪

b0213177_7593662.jpg

b0213177_812663.jpg

パリの雰囲気も味わえます♪

著者の料理研究家レイチェル・クーさんはエキゾチックな英国美女。ロンドンで芸大を出た後、一念発起してパリの有名料理学校「ル・コルドン・ブルー」のパティシエ・コースで勉強します。フレンチの複雑なイメージを払拭しようと、レシピを考案中に、そのレシピを試してもらうために、パリの小さな自宅で一日一組限定の予約制レストランを開始。どんどん話題となり、英国BBCの料理コーナー出演をきっかけに、人気に日がつき、このレシピ本が品切れ状態に。

b0213177_84195.jpg

こちらの自宅のかわいらしい小さなキッチンが舞台。コンロも2つだけ。

b0213177_81143.jpg

レシピもコンパクトです。

話題になったBBCの料理コーナーは素晴らしく、私もお友達の家から帰った後、Youtubeでこの料理コーナーを見て、虜になってすぐにこのレシピ本を買いました。例えば右のリンク先のキッシュ・ロレーヌはこんな感じで、すっごく簡単に見えるしおいしそう。(リンクはこちら→)見ているだけで、楽しい気分になれる料理コーナーで、何度も見てしまいます。053.gif

今日は夜遅くまでがんばって、このキッシュを作りました。生地を寝かせたりするので、時間はかかりますが、レシピ自体はシンプルです♪
b0213177_8132480.jpg

とってもおいしくできて、夫からは「おいしい~、結婚して良かった」との一言。037.gifレシピではベーコンのみですが、玉ねぎとピーマンを入れてもおいしく仕上がりました。

日本のアマゾンでも洋書として買えるようなので、ご興味のある方はぜひ。フランス映画の「アメリ」が好きな人は好きな感じだと思います。016.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2013-01-29 08:22 | | Comments(6)

パリ、アンティーク物語☆

懸賞 2012年 04月 04日 懸賞

最近は今までのお天気はどこ~?ってくらいに寒く暗くなってしまいました。今日も霙模様だったし。また早く暖かくなるように祈っています。056.gif

ということで、今日ご紹介するのは少し前の暖かい時に撮った写真☆
b0213177_7391336.jpg

こんな風に窓を開けて、夕暮れに読書していました。016.gif

読んでいたのは・・・
b0213177_74158100.jpg

「パリ、アンティーク物語」♪人気のアンティークのコレクションアイテムの歴史が勉強できます。

アンティーク系の本を集めている中、写真が多く目で見て楽しむ本が多かったのですが、今回はこの本でちょっと勉強です。こちらは文字がほとんどなので、しっかりと勉強できます。パリだけでなく、ロンドンのアンティーク物語もあるそうなので、いずれはそちらも欲しいな~なんて思っています。

この本は母にお願いして送ってもらいました。日本の本はこちらでは貴重なので大切に読んでいます。053.gif

アンティーク系の本ってちょっと優雅な気分で読むのが楽しいですよね。037.gif

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-04-04 07:57 | | Comments(4)

インテリア本「French Country Living」☆

懸賞 2012年 02月 19日 懸賞

今日は新居のペンキ塗りに初参加をしました~!というのも、私の試験勉強中、彼が週末の間にお友達と一緒にコツコツと全部の壁&天井をペンキ塗りしてくれていたんです。(感謝056.gif

なので、全部一応は完成なのですが、ペンキが剥がれている箇所がポツポツ&壁と床の間の細い部分の塗り直しが必要だったんです。明日はキッチンの壁を一面だけカラーのペンキで塗る予定です。本当は他の部屋も白だけじゃ面白くないからカラーで塗り直そうと思っていたのですが、ペンキ塗りは結構大変なので一旦は取りやめです。007.gifはあ、大変。。。

疲れて煮詰まった時には素敵なインテリア雑誌を読んで、休憩するのが一番!ということで、最近入手した英国のインテリア本「French Country Living」をご紹介します☆

b0213177_7434068.jpg

フランスの田舎の素朴で素敵なインテリアがたくさんです。016.gif

b0213177_7453763.jpg

こんなシンプルなベッドなんて素敵ですね~♪白くて清潔感がありますよね。

b0213177_7462717.jpg

こんなリビング憧れます。暖かくてかわいい感じだけど、落ち着いています。016.gif家具はすぐには無理だけど、色だけならと、リビングか寝室のどちらかをこんな感じの色にしたいなーと思っていたのですが、彼の「ペンキ塗りはもう勘弁」との意見で保留です。引越しも落ち着いて、模様替えがしたくなった時にでもチャレンジしようかな。

b0213177_747279.jpg

大きな食器棚。いつかは欲しいものです♪

b0213177_815782.jpg

こちらは私の好きな感じの食器などがたくさん。フランスアンティークの食器やカトラリーは素敵ですね~。053.gif

b0213177_8154776.jpg

この本にはこんな感じの石造りの古いフランスの民家がたくさん。都会のアパートとは違うスタイルがまた魅力的です。

この本は日本のアマゾンでも購入できますので、ご興味のある方はぜひ♪

全体的に、日本やドイツの賃貸暮らしでは取り入れることが可能なインテリアではないかな、という感じです。というのも、むき出しの梁や石造りの壁など、田舎の一軒屋ならではの部屋が多いからです。また、日本で人気のフレンチ・アンティークのふんわりと優しいイメージよりも、ちょっと渋い感じのイメージのお部屋も多いです。そのせいか、レビューを読むとちょっとがっかりされた人も多いようですね。

ただ、このアイテムをこういった感じで飾ると素敵なんだな、なんて勉強にもなるし、何よりも「この部屋が私好みだな、あ、こんな感じもいいかも」なんて楽しめるので、アンティーク好き&インテリア好きの方にはオススメです。060.gif

良さそうなインテリア本だなと思ったら、ぜひ下のボタンをクリックしてランキングにご協力ください☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2012-02-19 08:41 | | Comments(0)

マリアン・キースのAnybody Out There☆

懸賞 2011年 07月 12日 懸賞

今日ご紹介するのは表紙買いしたものの、内容もとても良かった本です☆

Marian Keyes(マリアン・キース)のAnybody Out Thereです。ハンブルクの大手書店Thariaの英語本コーナーで表紙の色合いに心引かれて手に取りました。

b0213177_9125579.jpg


それ以来、英語の本の装丁のかわいさにはまってしまってしまいました。016.gifドイツの本の装丁は写真を多用した大人な感じなのですが、英語の本はこういったおしゃれでかわいいイラスト使いが多いのがツボです。

ヨーロッパ内で関税が掛からないからか、手に取る英語本はいつもイギリスのものがほとんどです。やはりドイツの書店でわざわざ輸入して販売されているのは、本国で売れているベストセラーばかりなので、はずれは無いのが嬉しいですね♪

日本のアマゾンでももちろん買えます。レビューは賛否両論みたいですが・・・(リンクを貼っておきますね。→こちら

著者はアイルランド人ということで、物語はダブリンから始まります。
主人公のAnnaは事故で大怪我を負い実家に帰って来ているけれど、早くニューヨークに戻りたいと願っています。

長めの本なのですが、続きが気になってさくさく読み進められました。(読みやすい英語です。多読はシドニー・シェルダンで始めましたが、あんまり変わらないレベルだと思います。)

途中でAnnaは最愛の人を亡くしたんだなと気づきます。なので、物語のテーマはずばりAnnaの「心の再生」です。涙なくして読めない箇所もありますが、ユーモアもちりばめられ、エンディングも素晴らしく、読後感はすっきりかつ、心が温まります。053.gif

「今は悲しくても、いつか心は晴れる」そんな希望に溢れた本です。読書は心の栄養ですね♪

(Annaは4姉妹で、他の3姉妹がそれぞれ主人公となっているシリーズの中の一冊なので、少し姉妹のサイドストーリーが多い感はあります。他のシリーズを読んでなかったのですが、それでも物語に入り込めたのでそんなに問題ではないと思います。)

英語の多読もでき、表紙もかわいく、最後は心も温まり、と一石三鳥の本です☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク・レトロ雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2011-07-12 10:06 | | Comments(0)