憧れのライン川紀行☆

懸賞 2014年 05月 14日 懸賞

ライン地方の誕生日旅行から帰ってきました~!024.gif

ドイツ好きになった一番の理由が「ロマンチックな古城や雄大な自然、かわいい町並み」だったという原点を思い出させてくれる旅でした。あ~、また行きたい!

ライン川クルーズも経験があるのですが、それも13年前の話。当時はまだよく分からず連れて行ってもらったという感じで、思い出もぼやけがち。今の自分と10代の頃と違うことは、「自分の頭でしっかりと理解し、アクティブに参加できる」ようになったことです。そんな今の自分で、もう一度ライン川クルーズを体験してみたい、と夫に「30歳の誕生日プレゼントとして古城に泊まるライン川の旅をしたい」とほのめかしておきました。037.gif

すると夫がサプライズでライン川旅行を計画してくれました~。070.gif

出発前に教えてくれたのは「古城ホテルはどこも満室だったけど、Boppard(ボッパルト)の素敵なホテルを予約したよ」とのこと。北ドイツのハンブルクから中央ドイツのボッパルトまでは、ドイツ鉄道のICでコブレンツまで行き、そこからマインツ行きのREへ乗り換え10分ほどと、5時間ほどで着きました。
b0213177_4125348.jpg

ライン川の畔にたたずむボッパルトの町。夫が予約してくれたのは写真右のホテル。なのでライン川クルーズにピッタリでした。053.gif

b0213177_4163394.jpg

川岸から見える風景も風光明媚♪

この町の見どころは、ライン川が180度蛇行するのでそのパノラマ風景だそう。
b0213177_4185784.jpg

この山を写真のようなチェアリフトで登ると展望台に行けます。

・・・が、連日の強風のため、チェアリフトを使用する勇気はありませんでした。30分ごとに曇り・雨・晴れ・雨・・・と天気もコロコロ変わる毎日だったので、断念。057.gif

代わりに、展望台に行かれた方のブログのリンクを貼っておきますね。→

この町は2000年ほど前にローマ人が築いたのが初めだそうで、当時の壁も一部ですが残されています。
b0213177_423888.jpg

16世紀の古い建物も使用されていたり、とてもロマンチック。

b0213177_4244440.jpg

ドアの上に1519年に建てられた印が。それにしても、木組みの家ってかわいいですよね。016.gif

b0213177_5174374.jpg

中心部では町の観光列車も。小さい町なので、ライン川クルーズの間に数時間滞在するだけでも十分です。

楽しいライン川紀行、続きます♪

応援クリックお願いしま~す☆
にほんブログ村 雑貨ブログ アンティーク雑貨へ
にほんブログ村
[PR]

by sutekidoitsu | 2014-05-14 05:29 | 旅行ーライン川紀行 | Comments(2)

Commented by AR at 2014-05-14 11:52 x
ライン川紀行、私も夢見ています!
私もドイツの古城、木組みの家、かわいい町並みが大好き♪
短大の卒業旅行で行った時の感動は覚えているし、初めて行ったのに懐かしい気がして、私の前世は絶対ドイツ人だ!って思いました。世界で一番かわいい国だと思います☆
Commented by sutekidoitsu at 2014-05-15 06:36
ARさん

わ~、嬉しい!
そうですよね。ドイツの魅力って古城やかわいい町並みですよね!その全部が詰まっているライン川紀行は感動ものでしたよ~。
私も初めてドイツに来た時は感動して、「絶対にいつかここに住むんだ」と決心しました^^
ただ、ドイツで生活してみると、日常に追われていて初心を忘れがち。ライン川を旅すると昔の感動がよみがえってきました♪

<< Boppard(ボッパルト)か...   素敵な美術館のカフェ☆ >>